桂向そら耳ブログ
桂向の試合を中心に、サッカーネタ日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
府民総体in舞鶴
番狂わせを狙おうを合言葉に向日市は京都市(ラランジャ)に挑みました。

ラランジャを食ってやろう。
そして夜は夜で、蟹も食ってやろう!と、
蟹は置いといて、まさにチャレンジ精神をみなぎらせ、チームが結束していた。

ガッチが練った決して引いて守るわけやなく守備ブロックを形成しながら相手の攻撃を跳ね返すチーム戦術を
遂行しつつ、局面でサイドでのグループ戦術を徹底し相手の攻撃を凌ぐ。
自分が担当した左サイドは、ひとつ前ポジのタケの頑張りもあって右サイド同様危ない場面はほとんどなかった。
タケは自分の所属チーム(アニース)ではFWらしく、無難にサイドをこなすあたりセンスを感じました。

序盤こそ引いてしまい攻め込まれて、真耶の矢の様なロングスローやCKの応酬にヒヤヒヤしたけど
徐々に押し上げ高い位置でボールを奪える機会が大幅に増えた。
決定機もあった。
しかし、ゴールに入れる作業が少し雑であった。

このチームは多少の入替えはあったにせよ昨年に引き続き桂向とジラソーレ中心のチーム構成。
練習試合も数回こなしチームメイトの動きも把握している。
攻守の切り替えが早く番狂わせが起きる匂いがピッチの内外でしていた。

前半に関してはね...

あと一歩のところまではいっても決定力、判断力が足りなかった。
逆に前半残り僅かの時間帯に相手の右サイドからの精度の低いクロスボールが事故的にバヤシに当たり
そのまま自陣ゴールに吸い込まれてしまった。
前半は0-1で終了。

ハーフタイム、雰囲気は悪くない。各自集中し、相手の狙いどころも確認もした。
みんなが逆転を信じ前を向いていた。
まさに結束していた。
ミーティング後、ベンチメンバーも含め全員で円陣を組み気合を入れピッチに向かった。

しかし後半になると相手の攻撃がワイドになり前後左右に間延びしてきた。
さすが主力抜きとはいえ、関西の雄ラランジャ。
試合巧者です。
おまけに向日市の運動量も落ちてきて前半にあった攻守における連動性がなくなり
いよいよ苦しい展開。
間延びしてきたスペースにラランジャの選手は次々に侵入。
後半10分くらいに立てパス1本で追加点を与えてしまった。

その後フレッシュな選手を投入するも効果的な交代とはいかず結局0-3で敗れてしまった。

チャンスはあっただけに悔しい敗戦。
しかし、パスワークやボールの置き所、サポートのタイミングなど学ぶべきところがたくさんあった。

来年こそは倒したい試合後、頭の中はそれでいっぱいでした。

けれど、気持ちは切り替えて夜は第二ラウンド蟹との格闘。
ラランジャは食えなかったけど、蟹はガッツリ完食!!
みんな飲むわ飲むわで深夜遅くまで馬鹿騒ぎし親交を深めました。

来年もこのメンバーで戦いたいと心から思いました。

村上さん来年こそはお泊りしてくださいね。

最後に、山形監督。
今年も選手召集から宿の手配など何から何までおせわになりました。
来年も呼んでもらえるよう日々精進します!
シゲも、チームをまとめてくれてありがとう。
来年もよろしく!
スポンサーサイト
リーグ戦終了
2010リーグ戦が終了しました。

最終戦は、怪我や病気などで試合当日に欠席者が4名ほどでて
10人でスタートする厳しい状況。
こんな状態は来季は避けたいところ...

しかし、試合はうちが先制する意外!?な展開。

クラックスも残留のためには勝たなければいけない状況なんで前へ前へと攻めてくる。
集中して凌いでいたが前半のこり僅かに失点する。

タイミング的には最悪な相手を元気づける嫌な時間帯。

後半、11人になったものの相手もフレッシュな選手を投入し勢いづく。
あれよあれよと失点し、終わってみれば1-4と惨敗。

たらればは言いたくないが、ベストメンバーで臨めば普通に勝てた相手だけにもったいないところ。

これで結局、去年と同じ8位と土俵際順位におさまってしまいました。
最終戦勝てば6位やっただけに少々凹みました。

しかし、優勝しなければ2位もビリも一緒。

それは違うか...

とにかく、来季は優勝目指してやります。
みんな、気持ちはすでに来季に向いていて拓未やおかきを中心にいろいろ話し合いの場で意見交換されております。チームをどうすれば強くできるか、また、どうすれば安定したチーム運営ができるかを真剣に考えてくれています。
今まで、なにもかも背負ってやってきただけに、このようにチームのために動いてくれる若い選手が出てきたことは何よりも嬉しいです。
桂向はこれから、どんどん若返りをはかりつつも巧くベテランと融合し更なる発展をとげ
1部で揺ぎ無い力を発揮できるよう全力で挑みます。

そして、いつか関西を本気でねらえるようなチーム作りを、みんなで協力してやっていきたいと思います。
残留決定
前節の高槻FCとの大一番を、ここにきて今シーズン初完封勝利で飾り
なんとか1試合を残し残留を決めました。

今シーズンはプロ野球ペナントレースを彷彿とさせる大混戦(下位のみ)
最終戦まで降格チームがわかりません。

今シーズンは、思うようにメンバーが集らず厳しい戦いが続きました。
しかし、シーズン中盤以降チームにまとまり、一体感が生まれ「粘り」が出てきて
少しずつ勝ち点を伸ばしてこれたのが大きかったです。

て、まだシーズンを振り返るには早いですが、
とにかく残り1戦、来シーズンに繋がるゲームをしたいと思います。

ただ、今は少しの間だけ勝利の余韻に浸りつつ。

やるべきことは、山ほどあるけど一歩一歩地道に上がって行くだけです。



残り3試合
後期初戦の久御山FCとの酷暑の中の死闘をドローに持ち込んだ。
勝ち点3を奪うチャンスもあっただけに少々もったいない気はしたけど
久御山相手に負けなかったのはデカイ。

ここからの3試合が肝心。

チームのコンディションは上向き。
先ずは、バッカーズ相手に自分達のサッカーをやるだけ。

最後まで諦めず戦おう!

後期、新しい仲間が加わった。

三村 雄蔵 MF 桂高校

彼は、宅建取得を目指すフレッシュボーイ。
活躍期待してます!
7人侍
クラブ選手権初戦

桂向FC0-4ジラソーレ京都

様々な理由からホイッスルの瞬間、ピッチ上には7人しかいませんでした。
試合成立ギリギリの人数です。

しかし、下を向いている者はひとりもいませんでした。

結果は0-4と敗れはしましたが、いつもに増して声を出し続け、いつも以上に走り抜きどん欲にゴールを目指しました。

こんな状況でも、俺達はやれるんだ!!というメンタリティー、1部としてのプライドをもって闘い続けました。

仕事を終え試合途中から駆けつけてくれた、あつと辻。
それから、あつを迎えに行ってくれた、チームを陰から支えてくれてるモリキさんも含め10人で力を合わせたゲーム。

残念ながら勝利することはできなかったけど、この日の一戦は、1勝にも変えがたく得るものは大きかったです。

ネバーギブアップ。

これからの桂向はやりますよ!!



copyright © 2017 桂向そら耳ブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。